妖精國の「冬の女王」の後は…?と何故か『ミッドサマー』を観た話

冬の女王の後には fgo

映画『ミッドサマー』本編と、
fgo2部6章後半までのネタバレ満載。

全てこじつけだからご歓談に飽きた暇潰しに!

「冬の女王」後には「春の女王」…メイ・クイーン?

LB6後編にて、「冬の女王」モルガンが倒され(…)
妖精國の新時代()が到来したわけです。

倒されたのが「冬の女王」なら次に来るのは
「春の女王」なのかなとぼんやりと。

それが誰なのかはさておき、ヨーロッパで
春の訪れを祝う五月祭(メーデー)という祝日があります。

メーデーの主役が若い女性の中から選ばれる
5月の女王「メイクイーン」。

花冠を頂き、メーデーのパレードを先導します。
「メイポール」という柱を管理者で所持者でもあると。
祝祭を主催するまさに「女王」です。

春の訪れを祝う五月祭(メーデー)
労働者による権利を主張する日としてこの時期話題になるメーデー。もともとは春を祝うヨーロッパの祝日なんです!
五月祭(May Day) | 「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI
今週末は、メイ・デイ(May Day)ということで、英国は三連休でした。 メイ・デイ(May Day)といえば、日本では「労働者の日」というイメージ...

ローマの花の女神への祝祭が元。


「春の化身」の「Jack in the Green」。
植物の精霊の化身たるジャックを殺して、
パレードが終わり「春」が解放される……

「春の女王」が誰になるのかはひとまず
8月4日を待ちましょう。誰かなあ(棒読み)。

地域によっては前夜祭として
「ワルプルギスの夜」という儀式が行われます。

そこでは春の訪れを祝う悪霊払いとして
「ウィッカーマン」を燃やす。

ウィッカーマン、キャスニキ、オーディン…

スウェーデンってどんな国?(2) クリスマスの次に大きなイベント - スウェーデンの夏至祭
暗くて寒い冬の先には美しい夏が待っていますが、夏至祭はスウェーデン人にとってとても大切な祝祭です。そして今年の今日6月26日は待ちに待った夏至祭。

メイポールに類似した柱を建て、
太陽の恵みを祝福する北欧の祝祭「夏至祭」

北欧の秘境・ホルガ村でのメイポールを掲げる夏至祭。
白夜の風光明媚な地とフレンドリーな住人。


「女王(メイクイーン)」を選ぶめくるめくダンス。
そしてあまりにもクソやばい儀式の数々。

死んだりとち狂ったりするアメリカの若者たち。

そう、『ミッドサマー』をノリで観てしまったのです。

ミッドサマー(アリ・アスター監督)配信

Amazon prime video

吹替版

字幕版

DMM動画

奈須きのこは絶対『ミッドサマー』を観ている

なんか水着キアラがですね、
戦闘台詞で「ミッドサマー」とか、うっ

【FGO】水着キアラのセリフ・ボイス | FGO攻略wiki | 神ゲー攻略
FGO(フェイトグランドオーダー)のキャラ「水着キアラ」のセリフ・ボイスを紹介。各状況でのボイスや追加セリフの対象、バレンタインでのフルボイス動画も掲載しているので、FGO(FateGO)攻略の参考にどうぞ。

『ミッドサマー』が妖精國ノリくせえと思ったところ

  • ノリでグロが投げつけられる
  • 開幕や滞在した家の壁画のタッチ
  • 孤立した奴から殺される
  • 「先祖の木」

4の「先祖の木」。
映画の中で「全ての故人に繋がる」木として崇拝される倒木に
主人公一行の男がきったねえことをやらかしました。

木というか「木片」といえば、
妖精國ブリテンの妖精の死骸は

はい、大体は木片になると。
てか「倒木」ってモロにだろきのこ。

選ばれし「メイ・クイーン」、最後には…

「メイ・クイーン」決定後の会食の御馳走が
ナニなのかは追求してはいけない。
なんかうねうねエフェクトかかってたけど。

「メイ・クイーン」に選ばれた主人公が
ラストに花や草木に飾りつけられすぎて、
這いずり回ってるところが
「ツノの生えた巨大な怪物」みたいなシルエットに。

やべえ怖いわこれ。ケルヌンノス…?

「出産期」の「人間牧場」でナニをするのか嫌な想像を

『ミッドサマー』を観ていて一番何も言えなくなった所、
ねじ込まれた恐怖を煽るためのエロシーン。
主人公が「目覚めて」しまったシーンでもある。

ちなみに実話だが家族が部屋に入ってきた
タイミングでそこになって冷や汗が出ました。

主人公の彼氏がホルガ村の若い女の
「一晩限りのお相手」として目をつけられて、
色々酩酊した勢いで結局ホイホイ行ってしまう。
「性の儀式」をおっ始めたわけです。


つっこまれている女の手を握って激励する母親。
後押し(物理)する全裸のババア。
肩を組んで讃美歌的なものを歌い続ける全裸の女たち。

何故ぇ。

子種を貰うのが目的だった模様ですが、
ここでLB6前編で出てきていまだに
回収されてないある話題を。

前編第3節の西の人間牧場には
「出産期」にだけ誰かがいて何かをしているらしい
大きな「工場」があるとアルトリアが言っていました。

バビロニアのティアマト神や
アトランティスのエキドナみたいなのが
生産している線も考えたけど、

「そういう」儀式を「出産期」に合わせて
やるのかなという想像もできてしまって。その。

さらにソレ妖精向けの「娯楽」として開催されたり……

「8月4日」から「祝祭」が「躍動」してしまうのか?

ホルガ村の大祝祭は90年周期。
ブリテンの厄災は100年周期。
まあ流石に関係はないかな!

9日間の「楽園」と称される饗宴……

ミッドサマーそっくりらしいもっと昔の映画。
「ウィッカーマン」ってモロにキャスニキの
宝具のアレが出てるじゃねえか。

ところで『ミッドサマー』ラストの主人公の表情、
なんか躍動OPラストのマシュ感がキノセイカナ。

ミッドサマー(アリ・アスター監督)配信

Amazon prime video

吹替版

字幕版

DMM動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました